photo

日本語, Nihongo

日本語, Nihongo

ロバートC.ラーマン(Robert C. Lehrman)は、ラーマン・ビバレッジ法律事務所(Lehrman Beverage Law, PLLC)の所長です。

ロバートは、連邦そして州の行政法を専門とするワシントン, DCにある大きな法律事務所に12年間勤めたあと、2001年に当事務所を創立しました。1998年から2001年まで、ロバートはこのワシントン, DCの法律事務所の主任パートナーでした。ジョン・メッシンガー(John Messinger)は当事務所で助手として数年勤め、2008年にアソシエイツ弁護士として加わりました。

ロバートは、酒類(ビール、ワイン、蒸留酒など)に関わる連邦規制を専門にしています。

生産、ラベル標示、広告、多種多様な消費者製品(国内外、アルコール入りおよびアルコールなし、飲料用に適すまた適さないものなど)の課税などにおいて多くの企業にアドバイスを行っています。

また、数百の企業に対して、企業が関連する法や規制に遵守していると同時に、課税やラベル標示が企業にとって確実に有利に行われるように、飲料を考案する援助を行っています。これらの企業は世界十数カ国で飲料を生産し、また飲料業界の最大企業から最小企業まで規模もさまざまです。

過去何年間にもわたって、ロバートは、数千にも及ぶ食品および飲料のラベルを効率的に審査しています。また、ラベルのデザインも援助し、これが迅速に承認されるようにしています。

ロバートは、ワイナリー、ビール醸造所、蒸留酒製造所、輸入業者などのATF(米国アルコールたばこ火器局)、現在はTTB(酒類タバコ貿易管理局)との頻繁な交渉の代行業務についても、20年以上の実績があります。酒類問題以外にも、FDA(米国食品医薬品局)や税関問題について、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをしてクライアントをサポートしています。

ロバートは、小売業者、卸売業者、製造業者、輸入業者など、飲料業界のあらゆる層の企業と一緒に業務に携わっています。ロバートの経験には、連邦レベルや多くの州におけるライセンス供与および許可問題などもあります。ロバートが特にその経験を発揮した例としては、いくつかの大規模な製品リコールの管理、飲料企業の虚偽広告訴訟における勝訴への援助、またさまざまな連邦規制の変更申し立てなどがあります。2004年から2007年までロバートはキューブラ アブサンと協力して、95年間の禁止をへて米国でのアブサンの販売製造許可を得ました。当事務所では、法人設立からライセンス供与、製法、ラベル標示、マーケティングに至るまで、アルコール飲料企業の成功を先頭に立って綿密に準備します。

ロバートはバッファローにあるニューヨーク州立大学のロースクールに在籍し、ここではバッファロー法律評論誌にも貢献しました。ロースクール入学前は、ニューヨーク州, カントンにあるセント・ローレンス大学を卒業し、ここでは政治学を専攻しました。

ロバートは、バージニア州, 、ペンシルバニア州、そしてワシントン, D.C.で弁護士として開業することを承認されています。また、米国アルコール飲料ライセンス供与弁護士協会、コロンビア特別区弁護士協会、そして米国弁護士協会の会員でもあります。

ロバートは、次の各メディアなどで、酒類法の権威者としての評価を得ています。タイム誌ワシントン・ポストロイターブルームバーグナショナル・パブリック・ラジオサンフランシスコ・クロニクルボストン・ヘラルドボストン・グローブザ・デイリー・カリフォルニアンロサンゼルス・タイムズスイス・ブロードキャスティング・コーポレーションバーチャル・アブサン博物館オーガスタ・クロニクルシカゴ・トリビューンリーズン誌、そしてその他多数。CLEIのビール、ワイン&スピリッツ法会議では教員講演者として参加し、ATFラベル取り消し手続きについて講演しました。

当事務所は、数人の経験豊かなパラリーガルの力に支えられています。.
 

ロバートC.ラーマンへのお問い合わせ.

 

当事務所では、品質を保証します。

ラーマン・ビバレッジ法律事務所では、迅速で費用効率の高い法律サービスの提供をお約束します。すべて順調であれば、同意した費用で迅速に処理し、逐次ご連絡いたします。そうでなければ、その旨ご連絡して、他の専門弁護士をご紹介いたします。 公正さ、サービスの質、あなたの満足度は保証いたしますが、好結果を保証することはできません。当事務所がこの公約に達していないとお考えの際にはいつでもご連絡ください。この公約を達成するために、あらゆる妥当な努力をいたします(支払済みの費用の返却も含む)。

ただそれだけのことです。問題があれば、是正いたしますので、お知らせください。そして、ご満足いただければ、この業界の友人に当事務所についてお伝えください。

 

料金

当事務所では、世界でも最大のビール、ワイン、スピリッツの企業を代表しています。そして、ごく小さい企業も代表しています。当事務所では、各企業に適切なサービスを提供できることを誇りにしています。最も小さな企業のなかには高いレベルのサービスを欲しまた必要としている企業もあり、また最も大きく収益の高い企業はある部分厳しく予算に従うことでそのようになったのだということを認識しています。あなたの望むそして必要なレベルのサービスを、サービスレベルほどは高くない料金で喜んで提供いたします。当事務所のほとんどの業務については、予期しない事態を避けまた費用をしっかりと管理して、画一化した一律料金となっています。料金については、ご遠慮なくお尋ねください。リクエストに応じて、特定の結果を達成するために必要な時間と料金について見積もりを提供いたします。あなたがこの件について進めるか進めないかに関わらず、秘密は厳守し、雇用契約に署名しない限りまたは署名するまでは、あなたに一切義務はありません。弁護士費用は常に安いわけではありませんが、他の事務所に比べたときそしてあなたの企業の成功のために当事務所ができる援助を考えたとき、当事務所は一貫して高い有用性を提供しています。

 

ロバートC.ラーマン

ロバートC.ラーマン(Robert C. Lehrman)は、ラーマン・ビバレッジ法律事務所(Lehrman Beverage Law, PLLC)の所長です.

ロバートは、連邦そして州の行政法を専門とするワシントン, DCにある大きな法律事務所に12年間勤めたあと、2001年に当事務所を創立しました。 1998年から2001年まで、ロバートはこのワシントン, DCの法律事務所の主任パートナーでした。

ロバートは、酒類(ビール、ワイン、蒸留酒など)に関わる連邦規制を専門にしています。

ロバートは、生産、ラベル標示、広告、さまざまな消費者製品の課税などに関して、これまで多数の企業にアドバイスをしてきています。これらの消費者製品は、国内外の製品、アルコール入りまたアルコールなしの製品、飲料目的に適格または不適格な製品などさまざまです。

また、数百の企業に対して、企業が関連する法や規制に遵守していると同時に、課税やラベル標示が企業にとって確実に有利に行われるように、飲料を考案する援助を行っています。 これらの企業は世界十数カ国で飲料を生産し、また飲料業界の最大企業から最小企業まで規模もさまざまです。

過去何年間にもわたって、ロバートは、数千にも及ぶ食品および飲料のラベルを効率的に審査しています。 また、ラベルのデザインも援助し、これが迅速に承認されるようにしています。

ロバートは、ワイナリー、ビール醸造所、蒸留酒製造所、輸入業者などのATF(米国アルコールたばこ火器局)、現在はTTB(酒類タバコ貿易管理局)との頻繁な交渉の代行業務についても、20年以上の実績があります。 酒類問題以外にも、FDA(米国食品医薬品局)や税関問題について、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをしてクライアントをサポートしています。

ロバートは、小売業者、卸売業者、製造業者、輸入業者など、飲料業界のあらゆる層の企業と一緒に業務に携わっています。ロバートの経験には、連邦レベルや多くの州におけるライセンス供与および許可問題などもあります。 ロバートが特にその経験を発揮した例としては、いくつかの大規模な製品リコールの管理、飲料企業の虚偽広告訴訟における勝訴への援助、またさまざまな連邦規制の変更申し立てなどがあります。 2004年から2007年までロバートはキューブラ アブサンと協力して、95年間の禁止をへて米国でのアブサンの販売製造許可を得ました。 当事務所では、法人設立からライセンス供与、製法、ラベル標示、マーケティングに至るまで、アルコール飲料企業の成功を先頭に立って綿密に準備します。

ロバートはバッファローにあるニューヨーク州立大学のロースクールに在籍し、ここではバッファロー法律評論誌にも貢献しました. ロースクール入学前は、ニューヨーク州, カントンにあるセント・ローレンス大学を卒業し、ここでは政治学を専攻しました。

ロバートは、バージニア州, 、ペンシルバニア州、そしてワシントン, D.C.で弁護士として開業することを承認されています。 また、米国アルコール飲料ライセンス供与弁護士協会、コロンビア特別区弁護士協会、そして米国弁護士協会の会員でもあります。

ロバートは、次の各メディアなどで、酒類法の権威者としての評価を得ています。タイム誌ワシントン・ポストロイターブルームバーグナショナル・パブリック・ラジオサンフランシスコ・クロニクルボストン・ヘラルドボストン・グローブザ・デイリー・カリフォルニアンロサンゼルス・タイムズスイス・ブロードキャスティング・コーポレーションバーチャル・アブサン博物館オーガスタ・クロニクルシカゴ・トリビューン リーズン誌、そしてその他多数。 CLEIのビール、ワイン&スピリッツ法会議では教員講演者として参加し、ATFラベル取り消し手続きについて講演しました.

ロバートC.ラーマンへのお問い合わせ.

 

当事務所は6つの業務分野を専門としており、次の分野では大きな実績を持っています。

  • 製法. これには、TTB実験分析報告書、工程説明書、PFAP(パートナーシップ製法承認プロセス)、風味の承認、輸入前の承認などがあります。
  • 広告これには、印刷物、ウェブサイト、テレビおよびラジオの宣伝などを審査して、関連規則に遵守するものにし、また適正であれば事前に承認を求めることも行います。
  • 貿易慣習これには、生産者、輸入業者、卸売業者、小売業者、そして消費者などの関連があります。
  • 税金これには、物品税や税還付などがあります。
  • 許可連邦レベルおよび州レベル当事務所は連邦輸入、DSP、卸売り、および醸造業者のライセンス供与などについて幅広い経験を持っています。

これらのすべての分野において、当事務所ではアドバイス、弁護、研究調査、そしてアフターサービスを提供して、あなたの時間と費用を節約し、市場への時間の短縮をお手伝いします。

当事務所業務の詳細につきましては、お電話またはrclehrman@bevlaw.comまでメールでお問い合わせください。.

 

ラーマン・ビバレッジ法律事務所では、対応のよさ、効率性、そして綿密さを誇りとしています。事務所へは、下記の情報を利用してご連絡ください。

 

主要住所
Lehrman Beverage Law, PLLC
2911 Hunter Mill Road
Suite 303
Oakton, VA  22124

代表

電話 202-449-3739

ファックス 202-478-5189

メール info@bevlaw.com

ウェブ www.bevlaw.com

 

ロバートC.ラーマン通常、ロバートへの連絡はメールが最も便利です。平日は午前8時半~午後6時まで事務所におりますが、メールでの連絡はほとんど毎日可能です。

電話 202-449-3739、内線1

ファックス 202-478-5189

メール  rclehrman@bevlaw.com

ウェブ www.bevlaw.com

 

ジョンD.メッシンガー、弁護士兼法務書記通常、ジョンへの連絡はメールが最も便利です。平日は午前8時半~午後6時まで事務所におります。

電話 202-449-3739、内線. 2

ファックス  202-478-5189

メール jdmessinger@bevlaw.com

ウェブ www.bevlaw.com

 

ジェイシーJ.キム、パラリーガル兼総務マネージャー。通常、ジェイシーへの連絡はメールが最も便利です。平日は午前9時半~午後7時まで事務所におります。

電話 202-449-3739, 内線. 3

ファックス 202-478-5189

メール jjkim@bevlaw.com

ウェブ www.bevlaw.com

 

ベッツィI.ベイツ、パラリーガル。通常、ベッツィへの連絡はメールが最も便利です。

電話 202-449-3739、内線. 4

ファックス 202-478-5189

メール bibates@bevlaw.com

ウェブ www.bevlaw.com

通常、クライアントからの短いメールのご連絡は、返事を必要としない限り無料です。

flag flag Flag Flag
flag flag flag flag